2013.05.04 Saturday 23:52

リフォーム15日目

9:00スタート

この日は、剥げたペンキの塗り直し作業です。
まず、ホームセンターへ買い出しに行きました。

師匠から手順を教えてもらっていたので、
下塗り用のシーラーと、補充ペンキを買いに行きました。

本町に戻って…



またマスカーを取り付けます。



それから、シーラーの準備です。
昨日の内に、彼が剥げ落ちた部分を取り除いてくれています。



いよいよ下塗り!



昨日使ったローラーより小さいものを使って作業を行いました。

塗った後は、3時間ほど放置です。
塗り始めが、13時をまわっていたので

全部塗り終える頃は、夕方になっていました。
てことは…ペンキ塗りは何時になるのか…?

ホントは別な日にペンキを塗れば良いのですが、
何と、明日はほうじ茶づくりの日です。

荷物を全部、倉庫へ避難させてあるので、
明日のために持ってきたとしても、

別な日にペンキを塗るなら、
また、運び出す作業をしないといけません。

効率が悪いです。

…てことで、この日中に作業を終わらせる!
という決意で、夜の部に突入ました!!



もう、ちょっとで仕上がりです♪



ふ〜っ…終わりました。 彼は必ずきれいにお掃除します。



【23:40 終了】 お疲れさまでしたぁ〜♪



2013.05.02 Thursday 23:52

リフォーム14日目

宮大工監修作業、最終日です。
(ホントは、ほとんどSさん作業ですけど…)

8:00スタート

取りあえず、昨日の続きの壁塗りです。
しかし、ここに来て、ハプニングです!

夕べ塗った天井が破れています。
正しくは、新たに塗った塗料がうまくつかず、
垂れ下がり、膜状になった部分が破れてしまいました。

ショックです。(><)



でも、全部の面ではないので、
破れた部分だけ、いったんきれいに剥がして
もう一度塗りなおすことにしました。

彼が担当を受け持つことになりました。

Sさんは、壁塗り続行です。



あ〜、次々にまわりの壁が白くなって、
輝いていきます!






気持ちいい〜♪

それから、新たにつけた木材に色を付けていきます。



途中から、師匠に要領を教えてもらい、



私が作業を受け継ぎました。

さ〜て、師匠の最後の仕事は、



天井近くの穴の開いた部分の補修と、



凸凹した床部分の穴埋めです。

そして、終わりました…



師匠、出立の時が近づいています。
長い間、お世話になりました。


お茶で和む師匠です 私服はお洒落です♪

師匠を倉敷ICまで先導して車で走りました。
ゲート前で別れ、
師匠の車が小さく消えていくまで見送りました。

ありがとうSさん〜!!

Sさんと過ごした時間は、
まるでテーマパークへ遊びに行ったような気分でした。

短い期間でしたが、
やっぱりプロの職人さんと作業すると得るものが多いです。
確実に自分のスキルが上がったことが実感できます。

Sさんは子供と遊ぶような感覚で、
仕事を割り振ってくれるので、
めちゃめちゃ おもしろかったです♪

しかし、何よりも嬉しかったのは…
最後にSさんが、「楽しかった♪」と言ってくれたことです。

ホント、言葉では言い尽くせないくらい感謝しています。
Sさん、大好き!!ありがとう〜!!!


2013.05.01 Wednesday 23:58

漆喰塗り

8:00スタート

今日はいよいよ壁塗りと天井塗りの日です。



まず、床の養生。
次に残っている凸凹部分の修復に入ります。



漆喰+砂+セメント+水 を捏ねたものを使います。



大きく割れている場所には、



先に新聞紙を入れてから、埋めていきます。

※余談:「どうせ埋めるなら、我が家の記事が載った新聞を埋めよう」と
    彼が提案し、真ん中のお兄ちゃんの研究が認められた新聞記事
    (おとうさん、お母さん秘蔵分)を埋めることにしました。

 
    こんな時は、家族の思い出のものを入れるといいなぁ〜と思いました。
      おとうさん、おかあさんにも受けて、大喜びでした♪   
     

このあと、私と彼は天井にマスキングテープを貼りつけていきました。

  

その後、壁にマスカーを貼っていきます。



無菌室みたいです。



天井のペンキは、先に私と彼がローラーで塗り…
次に師匠が小さな刷毛で、辺を塗っていきます。

2度塗りの2度目は、その反対を行います。
このあたりに来ると、私と彼と2人だけで作業ができるようになりました。



天井が白くなっていきます。
きれぃ〜

さて、師匠は漆喰を捏ねて、壁の準備に入ります。



そして、いよいよ塗っていきます!



しゅるしゅるしゅるぅ〜 



もう、すごいスピードというか…
リズム感あふれる体の動かし方で、

あっという間に壁が塗られました。

きれぃ〜♪

もう、がまんできません!
私たちも師匠に頼んで塗らせてもらいました。


温かい眼差し(?)で、弟子を見守る師匠


腰が入っていて、なかなか良い姿勢です!

しかし私たちだけでは、全然 前に進まないので、
やっぱり師匠に交代! 



あっちゅう間に、完成です。



その後私は、漆喰を捏ねる助手に回り、



師匠にうまいと褒められ、軽い天狗状態!?
(だいたい、大阪のお好み焼きの小麦粉のかたさに捏ねます)

とにかく…
そんなこんなで、反対側の壁もほとんど塗り、



今日の作業を終えることにしました。【16:30終了】

彼とSさんは、このあと「かしお温泉」へ行きました。
私は離脱して、家風呂です。

この日は、友人夫婦D&Wを招いての宴会でした。
夜7時過ぎぐらいから始まった夕食…

ものすごく楽しかったです♪

Sさんがたくさんビールを買ってくれて、
やってきたWちゃんが、たくさん料理を作ってくれました。

Sさんは、もともと温泉つながりの知り合いです。
大分の野湯で、Sさんを知らない温泉好きはいないというほどの有名人。
私も知らなかったのですが、最近では長老扱いになっているそうです。

そんな訳で、我が家でも温泉ネタで大いに盛り上がりました。
また、Sさんは料理好きで
お土産に持ってきてくれたお手製キムチでも、
話に花が咲きました。

とにかく、よく笑いましたぁ〜♪
あ〜楽しかった!

でも明日は、とうとうSさんが帰る日です。
淋しいなぁ…(T◇T)



2013.04.30 Tuesday 23:58

リフォーム12日目




朝起きて、Sさんのお土産
摘みたていちごで朝食

8:00作業スタート

リフォームにSさんが加わることになり、
急展開で作業が行われることになりました。

まず、道具のチェックです!
倉庫に行って、使えるものを急いでひっぱり出し、
足りないものは、何軒かのホームセンターをまわって調達してきました。

今日の最初の作業は、リビングとの境にある窓です。



サッシの素材は、古民家風に合わないので、



取り除くことにしました。



そのあとは、プラスターボードで覆いをし、



さらに、全体にプラスターボードを貼って
壁面にします。

一方私は…

師匠(昨日から急遽、弟子入りですっ♪)に、
天井にペンキを塗るから、その前に埃をとるよういわれました。

試しに1枚とってみました。 右下です。



きれ〜デス♪



何だか嬉しくなって、どんどん埃を取っていきました。
うぉ〜、きれいですぅ〜!!

そこへ別な仕事で出ていた彼が戻ってきました。
「うぉぉぉ〜っ!? 大変だぁ〜!」

彼が私を見て驚いています。



発掘された『遮光土偶』かと思ったそうです。        

    
遮光土偶…1886年、青森県亀ヶ岡遺跡で出土


じぇ、じぇっ! 自分では、全然気が付きませんでした。

師匠は、相変わらずにこにこしながら作業を続けています。

リビングとの境の壁面は終わり、
玄関横の壁面修復に移っています。


友人D&Wが、様子を見にやってきてくれて、
私と彼を記念撮影♪ 2人とも職人らしいです!


木を正確に斜めに切れる新兵器も登場しました。



これでドア枠などを切っていきます。



さっきから参戦している彼は、



地道に古い漆喰壁を剥がす作業です。

しかし、だんだん陽も暮れて遅くなりました。



Sさんは、明日塗る漆喰用の持つ台を手作りしています。
さすがです! しかも持ちやすい工夫も施していました。



彼は後片付けです。

ふ~っ…今日もお疲れさまでしたぁ♪




〜また明日につづく〜

※このあとみんなで、玉島の温泉へ行きました。


2013.04.29 Monday 23:27

プチ古民家修復、再開しました♪

この連休は、予定いっぱいです。
おとつい、母に呼び出され、大阪でお寺参り。
翌日、美観地区でほうじ茶づくり。

そして、今日から…
本町のリフォーム再開で〜す♪

しかも今回は、強力な助っ人登場!

個人住宅はもちろん、
神社の修復、新築といった宮大工も手掛けている、
知合いのSさんが、大分からやってきてくれました。

この道50年の職人さんです。

もともと、Sさんが来てくれることになったきっかけは…

前回、天井の木を外す作業をしていた時、
天井が少し下がって撓んでいる事に気づきました。



そこで、古い建物に詳しいSさんに
電話で相談したところ、
「いっちゃろかぁ〜?」と、なったわけです。

そして、実際に2階に上がってみてもらったところ・・・



「全然問題ない」と、いとも簡単にお墨付きをもらいました。

少し傾いているのは、古いから仕方のないことで、
梁を見ても、しっかりしているから大丈夫だと即座に
判断してくれました。

2階の廊下をほんのちょっと歩いただけなのに、
すぐに家の感じがわかるようです。

やっぱり、本職はすごいです♪

でも、1階天井が撓んでいることには変わりないので、
上から持ち上げるか・・・下から押し込むか・・・などと考えていると、

「このままいこう〜! わしがやっちゃる」
…てな流れになり、

何とSさんは、私たちのリフォームを手伝ってくれることに
急遽決まったのでした。

超〜ラッキ〜♪

しかもSさんは、大工さんなのですが、
左官の仕事もできるとのこと。

壁は漆喰にしたら良いだろうと提案してくれ、
塗ってくれることになりました。

ギャポ〜ッ! p(>.<)q



そうとなったら、早速作業に入ります!



まずは、天井に残っていた木を全部外すことから…

そして、ついに!!

作業開始前


作業後


やったぁ〜!! 苦節3ヶ月・・・
やっと、やっと!
ついに、ついに! マジ天井とご対面です。

ホント、天井の高さが全然違います。
たか〜い! ひろ〜い! 感動でした!!




次に、壁についている木枠も外していきました。



古い壁なので、疵をつけないよう添え木をつけて釘を外してくれました



あとは、残っていた玄関扉上のボード剥がし。



私たちは、壁に残っている古い漆喰を剥がす作業をしました。


最後に彼がきれいに後片付けを…

何か、半日でものすごく進展しました。

よく「○○さんがいたら、100人力だ」という文句がありますが、
あの言葉を使うなら今です!

正に強い見方を得たり!・・・という気分です。

作業終了 19:00

※この後、吉備路の温泉へみんなで行きました

〜つづく〜


2013.03.01 Friday 13:13

もうすぐ仮店舗かなぁ〜♪

リフォームの覚書の続きです。

7日目 14:30スタート



この日は天井の電器を取る作業です。



感電しないように、ブレーカーを落として始めました。



この作業はサクッと終わり、天井がよく見えるようになりました。



おお〜っ!! 直に天井に触れる時まで、あと僅かです。

しかし…
ここからが、結構長い釘との戦いです。
取ることを考えずに奥まで打ち込んでいるので
頑丈です。



まずは先鋒で私が、グギッ!! とバールを入れました。
感触… ありっ!デス。



やりました。成功です♪

今度は選手交代して彼が!



いい職人さんです♪



電器を取ってしまったので、
手もとがだんだん見えなくなり…
この日の作業は、19:15 終了。

8日目 9日目

少しずつでしたが、2日に亘って
天井の横の木を取り除きました。





縦の木は、少し天井の強度を計ってからの
作業にしようということになりました。

しかし、横の木を取っただけで、
一気に天井が高くなりました!

僅かなスペースなのですが、
すごく広く感じます。

嬉しぃ〜♪


10日目 16:30

本格的な店舗にはまだ遠い(?)道のりですが、
店を開けると中が見えるので、
取りあえず、断熱材の壁には布を貼ることにしました。

麻の葉模様の布地です。



おかあさんに手伝ってもらって貼りました。

う〜ん!それなりにお店らしくなってきています。

後は茶箱を並べたら、商品を置けるので、
これは仮店舗で行けそうです。

よ〜し! やるぞぉ〜♪

つづく…


2013.02.16 Saturday 21:49

DIY 4日目、5日目、6日目

リフォーム4日目の覚書です。

作業 13:00スタート



この日は、西側の壁を剥がす作業です。

しか〜し!!
その前に、巨大な棚を移動させないといけません。

この棚は、ずいぶん昔に教会のT牧師から譲り受けた
思い出の品だそうです。

めちゃくちゃ重いです。
中のものを全部だし、扉を外しても、

大人2人がかりで、まだ持ち上がりません。

そしたら・・・
お父さんから段ボールを下にはめて、
滑らせたら良いと、教えてもらいました。

あ〜、ホントだ! うまく滑ります。
(2人とも手が離せないなので、映像無し…)

そのあと、コマのついた台車に乗せて
移動に成功です!


   ↓
次に、壁の右側に取り付けてあるガス管の留め金を外します。

さて、いよいよこれから合板を剥がす作業に入るのですが…
手前の合板壁の向こうに、もう一枚合板壁が見えています。



不思議… 何なのでしょう???



取りあえず、彼が先鋒です!
ガギッと、バールで合板を裂きました。



次に私も、下から… 上から…交代して攻めます!



そして、合板は何とか取れましたが、
その下に基板が…

この基板が、太い釘でしっかり留められているので、
ビクともしません!

  
そこで、強引に引っこ抜き作戦を展開すると…
意外と簡単に外れることがわかりました。

釘は頑丈で抜けないのですが、
木材はもろくなっていたのでいけたようです。


おお〜っ! 取れたぁ〜っ!!


この調子で、次々と引っこ抜いていきました。

ホントは、結構へとへとになっているのですが、
ここは、一気に攻めて行きます!



あとちょっとです。
ここはドアの横なので、
傷つけないよう慎重にはずしていきます。

そして、やっと基板を取り除きました。
ふ〜っ・・・



しかし・・・

うすうす予想されていたことですが…
また、新たに立ちはだかる壁が!

作業は、ここでバトンタッチです。

彼は、先ほどの作業で力を出し切ったので、
今度は私が、『第2の壁』剥離作業に突入です!!



ここは、前々回にやった作業と似ていたので、
それほど力を使わずに、サクッといけました。




おおっ〜!! 完成です。


 

やれやれ、後は片付けて・・・ 今日の作業は終了♪ 【19:00】 


5日目、6日目 : 両日とも14:00作業開始 



ずいぶん、廃材がたまりました。
  

この2日は、地味な作業です。

可燃ごみとして出すために、
合板にささった釘を片っ端から抜いていきました。

私は別な仕事で忙しかったので、
彼が、一人でしてくれました。

お疲れさまです♪

両日とも【作業終了17:00】


2013.02.05 Tuesday 16:37

新境地へ

天井ボードも取り外し、
壁面の合板も取れることがわかりました。
このままスムーズに作業は進むのか?

…と思っていたところに、新たな難関がぁ〜!
今日は、リフォーム3日目の覚書です♪


【3日目作業】16:00スタート


 「今日も行くぜぇっ!!」

 
前日の作業で、すっかり調子づいた私は、
作業開始早々、東側壁面をあっさり攻め落としました


彼も下から応援(?)です。


しか〜し!

 

南側壁面は、今までと全然様子が違います。
釘が一本も打ち付けられていません。
どうやら強力な接着剤で貼り付けられているようです。

う〜ん、困りました・・・

ここで一旦作業を中断し、彼と作戦会議です!

あまりにもしっかり接着されているので、
このまま剥がした方が良いか・・・

それとも合板を剥がさずにリフォームを続けるか
・・・相談しました。

何だか、このまま剥がして取り返しがつかないことになる
のではないかという不安が過ぎったからです。

でも、よくよく考えたら・・・
もう十分破壊作業(?)は進んでいます。

そこで、「もうこれは、行くしかない!」という結論に達し、
作業を続行する覚悟を決めました。


ならば・・・上の縁を「全部剥がして割る」
という方針に変更しました。


縁をとった後は、選手交代!
力づくでバリバリと引っぺがし作戦です。


おっ〜と! 昔の木の壁の部分が露出してきました。


何かこのくすぶり方が、いい味を出しています♪


お〜っ!だんだん現れてきました♪

この後も地道に引っぺがし作業を続けていき・・・
ついに全貌が明るみに!!


上部の壁面は木でしたが、
あとは壁ではなく、断熱材がでてきました。


             
      作業前     作業後
                 


取り敢えず、この日の作業はここまでにしました。

窓を取り外して、全面壁にするかどうかは
後日検討です。

しかし・・・
天井も高くなり、壁面も奥行きが出てきて、
広くなった感じがします♪

嬉しいです。

19:20 作業終了 

〜つづく〜


2013.02.04 Monday 23:15

リフォーム日記

【リフォーム2日目】 15:10スタート

この日は、玄関口右手(西側)の天井を剥がす作業から始めました

 
  ※ 戸棚の上の天井部分です

 
まず、棚を養生してはしご段をつくり・・・




完全武装(?)で臨みます ちょっとタイマーズっぽいです♪


 

前回でこつを得ています。

流れるような作業で
あっという間に、全部剥がし終わりました。

次は、壁に釘で打ちつけてある
合板を取り除く作業です。



ここで選手交代。 私、登場です。

 
すごく小さな釘を抜いていきます。 釘に合わせて、釘抜きも替えます。

 
天井際の釘も抜き・・・          おっ?! 取れましたぁ〜♪

 
     作業前             作業後

この日は、あと玄関扉のすぐ右横の合板も1枚取り除いて
17:30頃 作業終了です。

ふ〜っ、何か私も調子づいてきましたぁ〜♪

〜つづく〜


2013.02.03 Sunday 11:05

大修復! 小修復?

 

写真左は、倉敷美観地区を紹介される時に、
よく使われる観光スポットです。

カメラ好きの人は、必ずと言っていいほど、
この場所を撮影していきます。

細い路地には、石を埋め込んだ轍(わだち)があります。
昔、ここを荷車が通ったようです。

このような道を、倉敷では「ひやさい」と呼んでいます。
風情があります。

そして、この右側のお宅(右写真)が、
今から約300年前に建てられた倉敷で一番古い町屋です。
重要文化財として保存されている「井上家住宅」です。

でっ、うちの家は、ちょうど井上さんのお家の斜め前です。

彼のお母さんがお嫁に来たとき、
井上さんのおばあちゃん(←お母さんはいつもそう呼んでいます)は、
まだお元気で、よくうちへお茶を飲みにいらしたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(余談1)
井上さんのおばあちゃんと、さだまさしは仲良しで
さださんは、よく井上さん家に来ていたそうです
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな折に、教えてもらった話の中に、
うちの家の話がありました。

井上のおばあちゃんの話では・・・

もともとわが家は、「はなや」と呼ばれる
井上さんの別宅だったそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※余談2   「はなや」って何だろう?

この疑問は、はっきり解決していないのですが、
彼は、「離れ家」のことではないだろうかと、推理しています
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


でっ! 話が長くなりましたが・・・

この度、需要文化財 井上家住宅が5年をかけて
大々的な修復工事を行うことになりました

そして、奇しくも!
わが家も玄関口を店舗にしようと
プチ改修工事をすることにしました。

以前から、古民家再生などの記事を目にするたび、
「すごいなぁ〜」と思っていましたが、

これはチャンスです!
できる範囲は、自分たちでやってみることにしました。

以下は、その覚書です♪




【リフォーム初日 晴れ】16:30スタート
 

   
      改修前              作業中


まず、天井のボードを取り除く作業から始めました

彼が、作業用めがね、マスクなどをつけて担当です。
私は、下から剥がしたボードを受け取る担当にまわりました。





剥がしたボードの上に、以前の天井が見えてきました。

彼、「うおぉ〜っっっ!!!!」

天井の蓋を開けた瞬間、昔の懐かしい記憶が吹き出たみたいです。
残念ながら、その光景を私は見ることができませんが、

彼の興奮している姿から、喜び周波は伝わって来ました。
私も楽しいです♪

初めは、重量のある石膏ボードかと思っていたので、
どんな作業になるのか予想できなかったのですが、
意外にサクサクとすすみました。



電気器具の部分と、西側の大きな水屋棚の上の部分を残して、
天井作業は、終了。

あと、試験的に壁に貼ってある合板を一枚剥がしてみました。



おぉ〜〜〜っっっっ!!!!!!

また、古い時代が甦ってきました♪

何かこの日の仕事は、修復作業というより・・・
発掘作業みたいでした♪

19:00作業終了

〜つづく〜




<<new | 2 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
COMMENT
CATEGORY
LINK
ARCHIVES
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.