2014.02.17 Monday 12:16

ノルウェーの森で、ウクレレ休憩

昨日の倉敷美観地区は大賑わいでした。
NHKののど自慢大会が、市民会館であったそうです。

お天気は、ポカポカとしてて暖かだったのですが、
少し風が冷たかったです。

何だかバタバタした一日でしたが、
いろんな知り合いが訪ねてきてくれて
楽しい日でもありました。

そんな中、音楽仲間の友人夫婦Dさん、Wちゃんが来たので、
久々に遊びました。

初めは彼とD&Wだけだったのですが…

夕方になり、お店も一段落したので、
私も急いで途中参戦!

曲はもちろん(?)、ノルウェーの森です♪
そしたら、その様子をWちゃんが写真に撮ってくれました。

てへっ!
『何か、感じがビートルズのジャケット写真に似てるぅ〜』

…てな訳で、私の強引な主観を込めつつ
ちょっと写真を加工してみました。


まぁ、私は下駄履きですけどねぇ〜♪

※ ↑ これ、わかる人にはわかる! by 花巻(←これも、わかる人にはわかる!)

ところで…

ノルウェーの森をいろいろ調べていたら
いろんなレコーディングのテイクを見つけました。

●思いっきりシタールを前面に出した [Take2]
http://www.youtube.com/watch?v=nUjyVeqy2_0

●シタールを抜いて、アコースティックギター、ベースだけにした [Take3]
http://www.youtube.com/watch?v=GS9sNCjFpzI

●上記をミックスした本番録音の [Take4]
http://www.youtube.com/watch?v=lY5i4-rWh44

…です。

シタールがビョンビョン響き過ぎ…もつらいし
アコースティックだけにすると、淋しぃ〜

アレンジって大切ですね!?

続きを読む >>

2014.02.14 Friday 23:58

ウクレレコード        The Beatles 『Norwegian wood』  

今日も寒かったです!
倉敷では、朝から真っ白に雪が積もっていました。

そんな気候のせいもあり・・・
最近、こたつから離れられない日々が続いています。

よって、ウクレレを練習する機会も多く、
何となく、レパートリーが増えつつある
今日この頃です。

そんな中からの1曲♪
ノルウェーの森です。

この曲は、難しいのかと思って敬遠していたのですが、
意外とやれそうなコードが並んでいたので挑戦してみました。

やってみると、コードを押える難しさより、
コードを変えるタイミングが難しかったです。

いままでやってきた曲は、4拍子が多かったのですが、
この曲は、3連の タカタ・タカタ・タカタ・タカタ…で、
曲が進行していきます。

ぜひ、ビートルズと一緒に演奏して遊んでみてくださいねぇ〜♪


Norwegian wood


※ D ・・/D・・/D・・/D・・
  D・・/Cadd9 G・/D・・/D・・ X 2回

  Dm・・/Dm・・/Dm・・/Dm・・
      G・・/G・・/G・・/G・・
  Dm・・/Dm・・/Dm・・/Dm・・
  Em7・・/Em7・・/A・・/A・・                 

  コードは、上記の繰り返しです

………………………………………………………………………………

D                                           Cadd9      G    D
I once had a girl or should I say she once had me
D                                                    Cadd9  G    D
She showed me her room isn't it good Norwegian wood

      Dm                                                            G
She asked me to stay and she told me to sit anywhere
      Dm                                                             Em7   A
But I looked around and I noticed there wasn't a chair

D                                        Cadd9    G   D
I sat on a rug biding my time drinking her wine
D                                                    Cadd9    G   D
We talked until two and then she said it's time for bed

Instrumental   D   D    D    Cadd9    G    D

      Dm                                                                     G
She told me she worked in the morning and started to laugh
  Dm                                                                Em7   A
I told her I didn't and crawled off to sleep in the bath

D                                          Cadd9    G    D
And when I awoke I was alone this bird had flown
D                                 Cadd9 G     D
So I lit a fire isn't it good Norwegian wood

Instrumental   D   D    D    Cadd9    G    D




 ビートルズと一緒に演奏する方はこちらから
        
 

http://www.youtube.com/watch?v=MG-ia0NV8Ts


2013.11.17 Sunday 17:27

ウクレレコード  The Beatles 『Something』

ポール熱、続いています♪



今回のライブで、ジョージを偲んでの1曲でした。

実はこの曲、昔一度挑戦したことがあります。

その時は、コードがいっぱいあったので、
中途半端に投げ出してしまいました。

初心者ゆえの逃避です…

でも、今の私は違います♪
ポール熱が注入されているので、
やっちゃいます!!

簡単なコードばかりとはいきませんが、
ポールのコンサートへ行って、
エネルギー満々の方、
もしよかったら、一緒にウクレレってくださ〜い♪

Something

※上記C♯m のコードは、正しいかどうか自信がありません
 でも、この指抑えで出したい音が出たので、とりあえず載せておきます
 もし、違うコード名だったらごめんなさい!
…………………………………………………………………………………
Intro
| F    E♭ G ||     

C                             CM7
Something in the way she moves
C7                            F
  Attracts me like no other lover
D7                            G
  Something in the way she woos me
Am                        AmM7
  I don't want to leave her now
      Am7                    D9
You know I believe and how

| F    E♭ G ||     

C                              CM7
Somewhere in her smile she knows
C7                              F
  That I don't need no other lover
D7                            G
Something in her style that shows me
Am                        AmM7
I don't want to leave her now
      Am7                    D9
You know I believe and how

| F    E♭ G  | A   ||   

A                   C#m                 F#m7    A
 You're asking me will my love grow
          D        G        A
I don't know, I don't know
A               C#m                   F#m7    A
 You stick around now it may show
          D        G        A
I don't know, I don't know

Solo part:
C    /CM7 /C7   /F    /D7    /G
Am   AmM7/Am7 D9/F   E♭G  
  
  

C                             CM7
Something in the way she knows
C7                           F
  And all I have to do is think of her
D7                            G
Something in the things she shows me
  Am                        AmM7
I don't want to leave her now
      Am7                    D9
You know I believe and how

F   E♭G/A    /F   E♭G/C       / 


2013.11.04 Monday 23:27

ついにデビュ〜♪

倉敷の街では、この週末
Jazz ストリートという音楽祭で賑わいました。

土曜は、彼と2人でライブハウスを4,5箇所まわりました。
楽しかったです。



そして、夜も更けて・・・
何故か! うちのお店の前には、お茶箱とギターが・・・

そうです! 翌日、ここで秘密(?)ライブを行う予定なのです。

倉敷の街は今、JAZZ, JAZZ, JAZZ・・・
うちのお店の前でも、JAZZ, JAZZ, JAZZ計画ですぅ〜♪

こうしてギターをセッティングいるだけでも、
ウキウキワクワクです♪

そして翌朝。
ついに私達のバンドデビューの日がやってきました!!



日曜は、あいにくの雨で人通りも少なかったのですが!
おお〜っと! 演奏に立ち止まってくれるギャラリーが・・・



本当は、もう少しゆったりとお茶箱を並べて
演奏する予定だったのですが、

雨のため、軒下ぎりぎりの場所でやりました。

第1回目演奏。初ギグです!
楽しぃ〜♪

今回は持ち歌2曲の短めライブでした。

終わったらすぐに撤収!
即、反省会!?



第2回目は、ベースのDさんが、ウッドベースで出ることになりました。



かっこいい〜!(手前味噌です)



そして、またまたギャラリーが集まってくれて・・・





そんなギャラリーの中に、あれれぇ〜??

彼が岡山で遊んでいた時のJazz のメンバー
Uちゃんが歩いているではありませんか!

このあと・・・
彼、Uちゃんとかれこれ半年ぶりの再会です♪

そして、何と!
3回目のライブに友情出演してくれることに〜

ありがとう、Uちゃん♪



6人の大所帯です!
何か、1回ごとにボリュームアップしている感じです。

楽しぃ〜♪

雨は降ったのですが、
音楽仲間と一緒に演奏できる・・・
私たちの演奏に立ち止まって聴いてくれる人がいる・・・

そんな気分を味わえて、楽しくて仕方ありませんでした。
音楽って、ホントに素敵ですね。

そして・・・
雨の中、演奏をきいてくださったみなさん、
ありがとうございましたぁ〜♪



本日の演奏曲

・『All of me 』
・『L-O-V-E 』

演奏バンド
 

 CHOCO  CHOCO (ちょこちょこ)



2013.11.01 Friday 18:20

ウクレレコード         『 All of me 』

突然ですが! 
今度彼が、仲間内で『ストリートライブ』を予定しています♪

そこで私は…
ウクレレで、こっそり後方支援をしようと企んでいます。

ということで…
早速、演奏曲『 All of me 』の覚書です♪

Jazzでは、結構いろんな人がこの曲をやっていますが、
私のお気に入りは、ジャンゴ・ラインハルト版です。

ジャンゴの演奏は、Cから始まるので
彼の曲に合わせて弾くと、
めちゃくちゃいい気分です♪

初心者でもちょっと練習すれば、
できる曲だと思うので、ぜひ試してくださいねぇ〜♪


All of me

※この曲は、結構たくさんコードが出てくるように感じますが、
 少し指を動かせばいいだけなので、
 意外と簡単です。

★また、コード進行は
C E7 A7 Dm, E7 Am D7 Dm G7,
C E7 A7 Dm, F  Fm CM7 A7 Dm G7 C (Dm G7), 
〜の繰り返しです
…………………………………………………………………………………
C                                     E7
All of me, why not take all of me
A7                                            Dm
can't you see I'm no good without you
E7                               Am
Take my lips, I want to lose them.
D7                                Dm G7
Take my arms, I'll never use them.
C                                         E7
You're good-bye left me with eyes that cry.
A7                                Dm
How can I get along without you
F                 Fm         CM7             A7            
You took the part that once was my heart,
    Dm                            G7     C     Dm G7
So why not, why not take all of me

C                                 E7
All of me, come on, get all of me.
A7                                                 Dm
Can't you see I'm just a mess without you
E7                               Am
Take my lips, I want to lose them.
D7                                                 Dm G7
Get a piece of these arms, I'll never use them.
C                                         E7
You're good-bye left me with eyes that cry.
A7                                Dm
How can I ever make it without you?
F                        Fm              CM7               A7     
You know, you've got the part used to be my heart,
    Dm                            G7     C 
So why not, why not take all of me


※ジャンゴと一緒に弾きたい方はこちらからどうぞ♪
             
                                   

    
    http://www.youtube.com/watch?v=wLjG8L4nnh4






2013.07.12 Friday 17:32

ウクレレコード  The Beatles 『For you blue』



今日も暑いです。

そんなふにゃふにゃな気分の時に、
ぴったりの曲があります。

『For you blue』です♪

少し前…
車の中で、久しぶりにこれを聴いた時、
ウクレレに向いていると思いました!

家に帰って、ジョージの歌声に合わせて、
弾いていると…

やっぱり、思ったとおりでした♪

このだらだらさ加減が、
いまの季節にも合っています。

気持ち良くなって、
何度も何度も、リピートしてしまいました。

覚書を載せておきます。

ところでこの曲は…
アルバム『Let it be』に収録されている曲ですが、
その中では、マイナーな曲のようです。

まぁまぁビートルズに詳しい彼も、
『For you blue』というタイトルを言うと「???」でしたが、
直接音楽を聴くと、「お〜ぅ、知ってる」てな感じでした。

簡単なブルースのコード進行です。
もしよかったら、一緒にウクレレってくださ〜い♪

For you blue

※この曲で使うコードは上記の3つです

★また、コード進行は
D7 G7 D7 D7,  G7 G7 D7 D7, A7 G7 D7 A7
〜の繰り返しです
…………………………………………………………………………………
    D7                               G7
Because you're sweet and lovely, girl
  D7
I love you
    G7                              
Because you're sweet and lovely, girl
     D7
It's true
  A7                          G7             D7    A7
I love you more than ever, girl, I do

  D7                    G7
I want you in the morning, girl
  D7
I love you
  G7
I want you at the moment
        D7
I feel blue
      A7              G7                     D7    A7
I'm living every moment, girl, for you

Solo
|D7 |G7 |D7 |D7 |
|G7 |G7 |D7 |D7 | 
|A7   |G7 |D7 |A7 |
|D7 |G7 |D7 |D7 |
|G7 |G7 |D7 |D7 |
|A7 |G7 |D7 |A7 |    

  D7                         G7
I loved you from the moment
  D7
I saw you
      G7
You looked at me
                              D7
That's all you had to do
  A7                G7                   D7    A7
I feel it now, I hope you feel it too

    D7                               G7
Because you're sweet and lovely, girl
  D7
I love you
    G7
Because you're sweet and lovely, girl
     D7
It's true
  A7                          G7            D7
I love you more than ever, girl, I do

※どんな曲だったか思い出せない方、 
 一緒に彼らに合わせて弾いてみたい方はこちらをご覧ください♪
                               

           
 http://www.youtube.com/watch?v=N6nhCLFzXUI


2013.06.18 Tuesday 18:45

抹茶とおはぎ、時々ウクレレ♪



2,3日前に、知り合いからアラスカ豆をたくさんもらいました。

[注]倉敷では、えんどう豆のことをアラスカ豆といいます。
   昔、初めてアラスカ豆ということばを耳にした時、
   何のことを言っているのか全然わかりませんでした。
   寒そうな名前の豆だなぁ〜と、思った記憶があります。
   でも、何でアラスカ豆なんだろう…? いまだに謎です。

でっ!
最近、おはぎがマイブームな私は…

ちょっと時間ができたので、
うぐいす餡をつくることにしました。

昼から4~5時間かけてお豆を炊きました。
しかし、炊けども炊けども…
お豆はぜんぜん柔らかくなってくれません。

p(>o<)q なんでぇ〜?

そこで、とうとう我慢できなくなった私は…




実力行使!!
すり鉢で砕くことにしました。

おお〜、やっとつぶれました。
後は、お鍋に残った煮汁と一緒に戻し、
さとうを入れて煮詰めること10分。



小豆を炊くのと同じぐらいのゆるさで火をとめ、
冷ましているところです。

うまい具合に固まってきたので…

うぐいす餡とつくり置きの小豆餡を使って
おはぎ2種類をつくりました。



出来上がりです!

ところで…

お豆を炊いている間は、
ずっとウクレレを弾いて遊んでいました。

だから、本当のタイトルは…
『ずっとウクレレ、時々おはぎと抹茶…』です。

ウクレレ曲は、
The Beatles から、選びました。

何曲かだらだらやったのですが…

主に、
アルバム『Let it be』の中から「For you blue」、
ホワイトアルバムの中の、「Back in the U.S.S.R」

…の2曲を中心に遊びました。

近々、コードの覚書を載せようと思います。
どちらも、バックに Beatles を流しながら演奏(伴奏?)しました♪

特に、「Back in the U.S.S.R」の方は、
ロックしてるので、

なかなかお豆が柔らかくならないことに
煮詰まっていた私を、スカッとさせてくれました。

楽しかったです♪



2013.06.08 Saturday 10:10

ウクレレコード         『 Dead Flowers 』



   

今日のウクレレ覚書は…

The Rolling Stones の
『Dead Flowers 』(1971)です。

この曲は、彼、彼のお兄さん、おとうさん、私…
の4人でよく遊んでいた曲です。

4人で同じコードを演奏するのですが、
これを弾くときは、歌もいれます♪

リードヴォーカルはお兄さん。
途中のコーラスは、私と彼…時々おとうさんも!

楽しいです♪

ストーンズの曲は、
複雑なコード進行が少ないので、ウクレレで弾きやすいです。

本当は、単純な曲の方が、
ちゃんとやる時は難しいのでしょうが、

とても、とっつきやすいのでおすすめです。
しかもこの曲は、手軽にコーラスする楽しさが味わえる逸品です♪

誰かお友達と一緒に弾く時は、
2人で歌いながら遊んでみてくださ〜い♪


Dead Flowers


※この曲で使うコードは、上記の3つのコードです
   ギターの場合は、D,A,Gでしたが、
 コード変換法を使って D⇒C,A⇒G,G⇒Fにしました

 
 でも、3つのコードだけで、こんないい曲が作れるなんて…
 ストーンズって、ホント すてきぃ〜♪
…………………………………………………………………………………

       C                           G                  F                      C
Well when you're sitting there in your silk upholstered chair 
                       G                        F       C
Talkin' to some rich folk that you know 
                                       G              F                  C    
Well I hope you won't see me in my ragged company 
                          G             F      C
You know I could never be alone 

             G                                     C
Take me down little Susie, take me down
  G                                                                 C
I know you think you're the queen of the underground 

[※Chorus] 
                   F                                         C
And you can send me dead flowers every morning
F                                          C
Send me dead flowers by the mail
F                                         C
Send me dead flowers to my wedding
                                     G                   F      C
And I won't forget to put roses on your grave 

        C                           G                 F                   C
Well, when you're sitting back in your rose pink Cadillac 
                             G                F      C
Making bets on Kentucky Derby Day 
                                       G                F                  C
Ah, I'll be in my basement room with a needle and a spoon
                            G                   F     C
And another girl to take my pain away 

              G                                     C

Take me down little Susie, take me down 
  G                                                                 C
I know you think you're the queen of the underground

[※Chorus] 
                    F                                        C

And you can send me dead flowers every morning
F                                          C
Send me dead flowers by the mail
F                                         C
Send me dead flowers to my wedding 
                                    G                   F       C
And I won't forget to put roses on your grave 

             G                                     C
Take me down little Susie, take me down
  G                                                                 C
I know you think you're the queen of the underground 

[※Chorus]
                   F                                         C
And you can send me dead flowers every morning
F                                                 C
Send me dead flowers by the U.S. Mail
F                                            C
Say it with dead flowers in my wedding 


                                    G                   F       C
And I won't forget to put roses on your grave
                                    G                    F      C
No, I won't forget to put roses on your grave


2013.05.29 Wednesday 12:28

ウクレレコード         『スローバラード』

梅雨になりました。
空を仰ぐとグレーです。

そしてこのところ…
風がよく吹きます。

倉敷は、朝からうすら寒いです。

こんな時は、
お茶を飲みながら、甘いものをちょこっと食べて、
気分一新!

いいですねぇ〜

さて、今日のウクレレ覚書は、
RCサクセションの 『スローバラード』 です。

この歌を聴くと、何かしんみりしてしまいます。
そして、自分で弾いてみると…

尚しんみりします。
いい曲です♪


スローバラード

※この曲で使うコードは、上記の6つのコードです
…………………………………………………………………………………

C          Am     
 昨日は  クルマ  の中で寝た
 F    G           C   G
  あの娘と  手をつないで
C                  Am         
市営グランドの駐車場
 F     G          C            C7
    二人で   毛布に  くるまって

E            Am
    カーラジオから スローバラード
 F             G            C        E7
    夜露が窓を  つつんで
  Am       F     E7           C
 悪い 予感の   かけらもないさ

            C     Am
 あの娘の ねごとを  聞いたよ
 F            G          C          G  C
 
 
 
 
   ほんとさ   確かに  きいたんだ

※ソロ ´△鬘渦鷏り返し


E            Am
    カーラジオから スローバラード
 F             G           C        E7
    夜露が窓を  つつんで
  Am       F       E7           C
 悪い 予感の   かけらもないさ

         C      Am
 ほくら夢を   見たのさ
   F           G           C     G  C
   とっても  よく似た  夢を


     


2013.05.20 Monday 18:52

ウクレレコード変換法

昨日は雨で、久々にお家でのんびりしました。

ウクレレを弾いたり・・・
ベースを弾いたり・・・

ところで、私はウクレレ初心者です。
でも、始めてから1年以上は経過しているので、

幼稚園は卒園し…
今は小学3年生くらいかなぁ!?…と、思っています。

最近は、好きな曲を見つけると、
コード進行を、弾きやすいCから始まるように
変換する術を身につけました。

コード変換表は、市販されているので
それを使うのも良い手だと思いますが…

とても簡単なので、その仕組みの覚書を載せてみます。

この理屈を覚えると、あとあと出てくる音楽理論にも
応用できると思います。

(図1)


【前置き】

図1を見てください。
わかりやすいようにピアノの鍵盤にKey を書き込みました。

白鍵盤は…

ド=C,レ=D,ミ=E,ファ=F,ソ=G,ラ=A,シ=B

そして黒鍵盤は…
上記の通りです。厳密にはC#は、D♭でもありますが、
一般に多く呼ばれて使われている方を記載しました。
G#Key のみ、A♭と同居させました。
楽譜を見ていると、どちらもよく出てくるからです。

それから、白鍵盤、黒鍵盤に通しで赤文字で番号を振りました。
以後、この番号を『通番』と呼びます。


【本題】

いよいよここから、コード変換の話です
まず、例題の曲をやってみます。

Aから始まる『Stand by me』です
コード進行は、 A→F#m→D→E→A です

A             F#m
When the night has come


And the land is dark

D          E                 A
And the moon is the only light we’ll see
    A
No, I won’t be afraid
    F#m
Oh, I won’t be afraid
         D
      E
Just as long as you stand
       A
Stand by me, so

 

では、上記のAから始まる曲を⇒Cから始まる曲に変換します。



Aは、通番で「10」です。
Cは、通番で 「1」 です

ここで差を求めます

 (儡垢靴燭ぅ魁璽匹ら、現在のコードの通番の数を引きます  
   
◆(儡垢靴燭ぅ魁璽匹猟免屬凌瑤現在のコードより小さい場合は    
  変換したいコードの通番の数に+12して、引き算をします 

つまり,猟未蝓∧儡垢靴燭ぅ魁璽稗叩福瓧院砲らA(=10)を引きますが、
この場合△砲△燭襪里如◆複院棕隠押法檻隠亜瓧魁,箸覆蠅泙

ここで、現在のコードと変換したいコードの通番の数の差が +3 と出ました

あとは、他のコードの通番の数に+3して、変換していきます

F#=7 ⇒ +3=10=A ※この場合は、mをつけてAmになります
D=3  ⇒  +3=6 =F
E=5  ⇒    +3=8 =G

ということで…
コード進行 A→F#m→D→E→A は
コード進行 C→Am →F→G→C に変換されました

ちなみに…もし、上記の足し算で、
出された数字が13以上の数字だった時は −12します

例えば  13だったら 13−12=1=C 
     17だったら 17−12=5=E です


以上を使えば、好きなコードに変換できます♪
簡単な曲を試しにやって、遊んでみてください♪
 


<<new | 2 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
COMMENT
CATEGORY
LINK
ARCHIVES
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.