2013.08.05 Monday 17:27

荒廃茶園復活プロジェクト 第2弾!

茶園復活の活動レポートです。
6月22日に続いて、2回目の出動が日曜日にありました。

この日は、初っ端からちょっと遠足気分です♪




写真は、茶園お手伝いのメンバーを乗せるお迎えの車です。
すご〜い!!



床は木でできています。
既にかわいい女子大生が2人乗り込んでいました。

おはようございます♪



運転席に座らせてもらいました。
何かシンプルでいいですねぇ〜

1967年製のトヨタのバスです。
正確には車台はトヨタで、車体は呉羽だそうです。

呉羽は、三菱専門の車体をつくる会社だったので、
言わば、トヨター三菱のコラボバス・・・でしょうか?

とにかく、これはこの時代の最後の一台らしいです。

さてさて・・・
時間も9時になりいよいよ現地へ向けて出発です。



どんどん山に入っていきました。

現地到着。
まず、草抜きの作業からスタートです!



よ〜し、今日もやるぞぉ〜!!



根元に生えている雑草を抜いて、そのまま根元を覆っていきます。
そうしたら、その後下から生えてきにくいそうです。



今日一番の大物雑草!
どんどん引き抜いていったら、5メートル以上繋がっていました。

作業はだいたい1時間ほどで終わりました。
30人ぐらい集まったら、あっと言う間です。

みんなでやると楽しいし、早いし、
ホントいいですねぇ♪

そして、ここで一休みです。
茶畑のオーナーからたくさんのスイカの差し入れがありました。



やったぁ〜!!



手にしているのは、スイカ包丁と呼ばれていたものです。
初めて見ました。

あれなら、スパッと切れそうです。
しかし、スイカ包丁なるものを持っているとは・・・
どんだけこのお家では、ひと夏にスイカを消費するのでしょう?

あ〜、何かいいなぁ・・・と思いました♪



みんなで食べました。
甘くて、とても美味しかったです!

私は2切れ、ペロッと食べました。

そして、仕事再開!
今度は茶摘みです。



6月に枝をばっさり切った後に、
もこもこと出てきた芽の部分を摘んでいきました。



この後、実際にお茶づくりをするので、
みんな一芯二葉をみつけて丁寧につんでいました。



さぁ〜、これから釜炒り!
まずは殺青です。



そして揉んで・・・





また炒って・・・



揉んで・・・



手前は紅茶斑です。
ひたすら揉んでいます。

きのう摘んで萎凋させていたものを揉んでいる人や
さっき摘んできたものを揉んでいる人です。

奥の筵台、釜炒り茶斑はまた炒ります。





揉んで・・・



乾燥に入ります。



完成です♪



すぐに試飲をしました。
お味は・・・

ちょっと揉みか乾燥が足りなかったようです。
味に生っぽい部分が残っていました。

しかしこれは、改良の余地 十分ありです。
返って楽しみになりました♪

次回、燃える気がします!

それから、場所を変えて、
お煎茶の淹れ方ミニ講座をしました。





大学生の参加者が多かったのですが、
その半分は、ほとんどお急須を使うことがないらしいです。



この日は上煎茶を淹れてもらいました。



「おいしい♪」と各テーブルから声が聞こえてきます。



お茶男子です。 かっこいいですねぇ〜!

日本茶をおいしく飲んでもらえて、
とても嬉しかったです♪

この後は、少しプロジェクトの今後のお話があって、
お開きになりました。

帰りには、たくさんのトマト、ナスビ、ピーマンを
お土産にもらいました。

ありがとうございます!!

ところで、このイベント、
本当は、参加者が作業をする前に、
現地スタッフがたくさんの準備や事前作業をしてくれています。

多くの人が、見えない部分で支えています。

そして、その努力が実り、
今回も、来た人全員(と思う)が、
笑顔で帰れるイベントに仕上がっていました。

準備のみなさん、暑い中お疲れさまでした。
本当にありがとうございました!!



【追記】

車で帰途につき、帰りに温泉へ入ろうと思っていたら・・・
小森温泉ー休館、湯の瀬温泉ー駐車場満車。

ふ〜っ・・・
やっと、かしお温泉に辿り着けました。





土曜日なのに、ぎりぎりに入ったせいか
貸切状態。

ぬる湯に浸かって、ボ〜ッとしてたら、
お肌すべすべ、お顔ぷるぷるになりました。

温泉って、やっぱ最高〜♪




2013.08.02 Friday 23:38

お茶会議

この火曜は、荒廃茶園復活実行委員会の会議でした。
主に、明日土曜のイベントの打ち合わせです。



夏の暑い日に、大勢で草抜きをしたりお茶摘みをする予定です。
作業内容や段取りなどを、みんなで確認したり、
より良い案などを出し合って、作業に備えました。

ところで最近、急に大雨が降ることしばしばです。
明日は大丈夫かなぁ・・・?

でも、明日は紅茶づくりと釜炒り茶づくりもします。
楽しみだなぁ〜♪

早く寝ようっと!



2013.07.02 Tuesday 22:44

おつかれさまでした!おめでとうございます♪

今日は、品評会の表彰式なのですが、
いつも、その日の午前中に互評会が行われます。

岡山のお茶は、まだまだ伸び代があるお茶として、
農研機構のN氏がいつも設けている時間です。

昨日出品したお茶の改良点などを、
生産者を交えて行う勉強会のようなものです。



この日は、昨年の全国茶品評会で入賞したお茶を
N氏が参考に持参していました。



この時間のN氏は、超売れっ子です!
ひっきりなしに質問者が現れます。

しかし、N氏は誰にでもすごく丁寧に応対されていきます。
ホントすばらしいお人柄です。

岡山のお茶、
ますます良い出来になることを願っています♪


そして午後からは、表彰式です。



会場はガラッと模様替えです♪



今年の入賞された方々です。

みなさん、お疲れさまでした!
そして、おめでとうございます♪



今日は、どんよりしたお天気ですが、
このあたりの水田の畦道には、

びっくりするくらい大量のモンシロチョウが、
ひらひらと飛んでいました。

気持ちいい〜♪





2013.07.01 Monday 12:32

岡山お茶処 ♪

今日は岡山県茶品評会でした。

始まる前に、センター長さんからお話を伺うと、
岡山では、昭和48年から続いているそうです。

…ということは、40年。
何か、ズシッとくるものがありました。

今回は、全部で22点集まりました。



午前中は外観審査。
午後から内質審査でした。

内質審査は、下準備と用意する段取りが大変です。

いつものことながら…
県庁や、赤磐の研究所の方々が少人数で大奮闘でした。



熱湯をリズムよく、一定の時間で注いでいくのですが、
おやかん、重いと思います。



誰もお手伝いできない部分なので、
職員の方が一人で大活躍です!



しかし、この後は…
審査員でもある農研機構の研究者であるN氏と
今年初めて参加された、同じ農研機構の研究者T氏が
お手伝いに入りました。

香りや注がれたお茶の色は刻々と変化していきます。
N&Tタッグチームは日頃の修練で培った杵束で、
ハイスピード処理にあたりました。

すばらしい連係プレーでした。



そして…、審査終了。
みなさま、お疲れさまでした!

少し余った時間で、農研機構のN氏が持ってきてくれた
品種、「さえあかり」を出してみました。

よく、栗のような香りだと表現されるそうです。
私は、スイートコーンの甘い香りがしました。



「さえあかり」は、N氏の研究所で3年前につくられた品種です。
「さえみどり」と「Z1」を掛け合わせた品種とのことでした。

Z1(ゼットワン)…
何か、この名前の方に反応してしまいました。
ウルトラマンが負けたゼットンに名前が似ています。



審査会場から見た、農業大学校の風景です。
青い空がきれい〜♪




2013.06.23 Sunday 23:57

お茶園復活プロジェクト、始動〜!!

いろいろな事情で、今はもう使われていない茶畑。
全国各地に増えているそうです。

高梁市の茶畑もその一つです。

しかし今年、お茶農家さんなどを中心として、
今は使われていないお茶園をもう一度復活させよう!
・・・というプロジェクトが立ち上がりました。

昨日は、その作業第1日目。
大学生が30人近くと、有志が数名集まった応援隊です。

私も彼と2人でお手伝いに行ってきました。



まず、プロジェクト委員会の代表・藤田さん(写真右)が挨拶をし、
次に、現場の指揮をとる浦田さん(写真左)が
作業内容の説明をしてくれました。



今回の作業場は、(上記絵の)茶畑(B)-,ら茶畑(B)-です。



茶畑(B)- 兵命殖舛良分)の作業は、
主に女子が2人組みになって、雑草を刈っていきます。

茶畑(B)-◆兵命殖造良分)での作業は、
既に伐採されたお茶の木が畝の間に置かれているので、
それを撤去して別な場所に移動させることです。
男性が担当しました。

BのエリアにいるH氏は、鎌で枝をすくい上げる
やり方をみんなに見せています。



H氏「こんな感じ!」

どうして鎌ですくうかというと・・・
この辺りには、マムシがたくさんいるからだそうです。

素手で枝を持とうとした時、
万が一(この辺りでは百が一ぐらいの確立?)
下にマムシがいたら咬まれるからです。

※ちなみに、高梁ではマムシのことをハミと呼ぶそうです。

でっ、作業の続きですが、

茶畑(B)-では、まだ伸びたままのお茶の木のエリアなので、
チェーンソーで伐採し、切った木を移動させていきます。



茶畑(B)-◆↓で出た枝は、畑の一番下のほうにもって降りて、
一箇所にまとめていきます。





運ばれた枝は、次々と空き地に積まれて整理していきます。



大物の枝は、2人がかりになったりして・・・

ちなみに、私は女子ですが・・・
彼と一緒に、この枝の整理係になりました。



遠くて見にくいですが、
写真は、どんどんと伐採された枝が積み上げられたところです。


枝も取り除かれきれいになった茶畑です。

うわ〜っ! 最初と大違いです。
きれいになりました。

最後は肥料の油粕を撒きました。
だいたい3年後に茶園復活の予定らしいです。

作業も終えた後、みんなは休憩しながら、
高梁市の農林水産課の職員の方から、
岡山県のお茶についての講義を受けました。



今日はテレビ局も2社入ってのイベントでした。
みなさん、お疲れさまでした!



一番最後は、
近所の現役茶畑を見学し、
少しお茶摘みもしました。

だいたい10時前に作業を開始し、
15時に終了できました。

やっぱり、大人数ですると、
仕事もはかどるし、いいですねぇ♪

いい時間を過ごせました。

次は8月に第2回目が行われる予定です。
またみんなに会えるのが楽しみです!

ホント、プロジェクトのみなさんお疲れさまでした。
ありがとうございます♪


2011.09.13 Tuesday 11:10

品種 『はるみどり』



最近の朝の一服は・・・

岡山県茶品評会でお世話になったNAROのN氏からいただいた 
今年の『はるみどり』を飲んでいます。

この 『はるみどり』 は、うまく淹れた時
ホント 嬉しくなるくらいおいしいです。

がっ! ちょっと時間を間違えると、
渋くなったりして・・・

でもこういうのが、お茶の楽しみの一つですね♪

毎朝、楽しんでお茶を飲んでますぅ〜





人気ブログランキングへ

2011.07.05 Tuesday 23:47

岡山県茶品評会

昨日、赤磐市の農業大学校で、岡山県茶品評会が行われました。
今年も厳正な審査の中、6つの賞が選ばれました。



NHKテレビの取材もありました

全体的な印象としては、昨年より良いお茶だったように思います。
特に外観と香りが前回から大いに改善されていました。

岡山は小さな茶産地ですが、確実に成長しているようです!
生産者のみなさん、がんばってますぅ〜

今日の午前は、生産者を交えての出品茶の互評会です。



右は審査員リーダー・鹿児島茶業研究所のN氏
N氏の超能力(?)はすごいです!
「このお茶は○○な環境でつくられている」
「これは○○でつくりましたね・・・」 と、次々に言い当てていきます。
歩く「お茶センサー」。


互評会はN氏を中心に話が盛り上がり、
参加者からは次々に質問が飛ぶ、
密度の濃い時間でした。

そして午後は、表彰式♪





受賞された皆さん、おめでとうございます!
岡山茶、ますます発展しますようにぃ〜♪



人気ブログランキングへ


2010.11.23 Tuesday 17:51

オカヤマアワード

今年の9月に、いま 宮崎あおい 出演CMで話題の、
クロスカンパニー(岡山市本社)の社長が、
県内の各分野から次世代のリーダーを毎年10人選ぶ
オカヤマアワード」なるものを、創設しました。

これは、若手のすばらしい人材を岡山県内から発掘し、
『岡山をもっと元気にしていこう!』 という目的からなるもののようです。

そして昨夜!
いよいよ、岡山市の表町商店街で、第1回目の発表と授賞式が
行われたのですが・・・

あららっ?! 何と、受賞者に知合いがいるではないですか!

つい先日もブログで紹介した 『岡山 tea カルテット』 の
下山桂次郎さんが、「ベスト・オブ・ザ・イヤー2010」の
最終10人の中に選ばれていました。


前列左から3番目の帽子を被っているのが下山さんです


受賞、おめでとうございます!!

下山さんの肩書きは【茶栽培農家】でした。
『フルーツ王国 岡山』 であるにも拘らず、
どうやら、農産物をつくる人全体を代表しての候補者だったみたいです。

すばらしいですね。
これで、また岡山茶に関心を寄せる人が増えること間違いなしです。

かっこいい〜♪



 


2010.11.07 Sunday 22:07

岡山 tea カルテット


 【岡山茶のブース】

先日、美作でお茶を作っている黒坂さんから
『今度、岡山茶PRイベントを行います』 という連絡を受け、

土曜に、岡山運動公園で行われていた、エコ&フードフェアへ行ってきました。

フェアでは、たくさんのテントが張られていて、
岡山で生産されている農産物、日本酒、日本茶などが紹介されていました。
軽食を販売しているブースもあり、公園は楽しいお祭り気分です。

お天気も良かったせいでしょう。
大勢の人が訪れ、各テントは賑わっていました。

お茶のところもいっぱいです!

エコフェアなので、容器を持っていけば、
お茶の無料サービスが受けられます。


紅茶、ほうじ茶、煎茶の給茶機が用意されていました

私もマイポットを持参しましたが、
なかなか自分の番が回ってこないほどの人気コーナーでした。

ところで・・・
岡山茶となると、いつも一生懸命な4人衆がいます。
何度かお会いしているのですが、

梶岡さん、黒坂さん、丸吉さん、下山さん・・・
この4人は、ホントお茶のこととなると、
いつも一緒! 常に力を合わせて取り組んでいらっしゃるようです。


『岡山 tea カルテット』 
右から、下山さん、梶岡さん、黒坂さん、丸吉さん

生産の面では、岡山茶をもっともっと良いものにしたい!
広報の面では、岡山茶をもっともっと知ってもらいたい!

そんな熱意がこちらに伝わってきます。
それも、みなさんの人柄のせいかもしれませんね。

頼もしい若い生産者の顔が見れるフェアでした。
岡山茶、がんばってますぅ〜♪



2010.06.29 Tuesday 18:38

互評会 と 表彰式

 

昨日行われた、茶品評会の審査結果をもとに、
生産者が集い、勉強会のようなものが行われました。

みなさん、岡山のお茶をもっとよくしようと思っていらっしゃる方ばかりで、
NAROの研究員N氏を交えて、質疑応答が盛んに行われました。

熱〜い(?)時間です。

そして昼からは、受賞者の表彰式が行われ・・・



若い生産者の方々も受賞されました。

今年もまだしばらく忙しい時期が続きますが、
どうかみなさん、がんばってくださいねぇ!


<<new | 2 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
COMMENT
CATEGORY
LINK
ARCHIVES
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.