2015.12.01 Tuesday 23:56

東京物語2015 その参

東京滞在最終日。
今日は神宮前の眼鏡屋さんへ行きました。

実は先月、20年以上かけていた眼鏡のフレームが
割れてしまいました。

すごくお気に入りの眼鏡だったので、
ひょっとして、買ったお店なら
前と同じ型があるかも・・・と思っての訪問です。



昔は、確か新宿のお店で買った気がするのですが、
新宿では見つからず
ホテルに近い神宮前のお店に行きました。

すごくきれいなお店で、
ちょっと入りづらい高級店の様子でしたが・・・

お店の人は、親切に応対してくれました。
壊れたフレームを見せると、
すぐに「○年モデルの○○です」と言い当て、
最新のモデルチェンジ版を持ってきてくれました。

新しいモデルは、つるの部分がちょっと幅広かったのですが、
他はほとんど変わりなかったので、
それにしました。

来た甲斐がありました♪

後は、去年も行った代々木のパン屋さんと
チョコレート屋さん・・・

何か改めて見ると、ただの日用品の買い物ですね♪
そして、調整の終わった眼鏡を引き取りに
さっきの眼鏡屋さんにもう一度行き、

渋谷のホテルに戻ろうと歩いていると・・・



「松下工房」を発見!!

彼がギタリストとして東京在住していた頃、
いつも出していた、ギターの修理工房です。

プロの人がよく使うらしく
彼も事務所の先輩から教えられたそうです。

「そうかぁ〜、俺はいつもここまで持ってきてたのかぁ・・・」

方向音痴の彼・・・
急に飛び出てきたタイムカプセルに
突然ぶつかった瞬間でした。

この後、ホテルで荷物を引き取り、
東京駅方向へ・・・

でも、まだ新幹線の時間には余裕があったので、
日本の聖地、秋葉原に寄り道してみました。

う〜ん、びっくりしたし、
楽しかったです♪



高いビルの壁には、一面に萌えキャラのアニメが描かれ、
街には、かわいいメイドさんがあちこちに・・・

秋葉アイドルのライブ風景も
店の外から覗けます。

もう、異国です・・・
何て、楽しいところなんでしょう〜♪

でも、一番びっくりしたのは・・・
秋葉原にいたサラリーマンを見たときです。

その男性は、携帯電話をかけていました。
仕事の電話のようで、まじめな話をしています。

歳の頃は、50過ぎでしょうか・・・
高級感のあるスーツ姿に、きれいな革靴。

しかし、その肩にかかっている
めちゃめちゃ大きな紙袋には・・・

胸元際どく、ミニスカートで飛び跳ねる女子が
何人も描かれていました。

このアンバランスが、しっくり合う街、
秋葉原。
恐るべしエレクトリックタウン!

帰りの新幹線の車中・・・
窓から見える夜景には、
まだ頭の中に残る秋葉原のネオンが重なりました。

電気羊の夢を見ながらの帰途。

さよなら、東京・・・
さよなら、秋葉原・・・











 

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.tsuneki.net/trackback/897548
 
CALENDAR
NEW ENTRY
COMMENT
CATEGORY
LINK
ARCHIVES
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.